本文へジャンプ

大王製紙との強固なパートナーシップ

総合製紙メーカー、大王製紙グループの専門商社「tkk」。

瀬戸内海を臨む大王製紙 三島工場
瀬戸内海を臨む大王製紙 三島工場
(愛媛県四国中央市)

国内有数の総合製紙メーカー「大王製紙」。
大王製紙は、新聞から印刷・出版、情報、段ボールをはじめ、家庭でもおなじみのティッシュペーパー「エリエール」など、あらゆる種類の紙を製造・販売する総合製紙メーカーです。
東京紙パルプ交易は、大王製紙が年間に生産する約200万トンもの紙の約3割を取り扱っています。

三島工場の大規模生産ライン
三島工場の大規模生産ライン

世界最大級の臨海工場をはじめ、高い生産能力を味方に。
愛媛県四国中央市にある大王製紙 三島工場は、大王製紙グループの中核工場であり、単一工場としては世界最大級の規模を誇っています。
他の製紙メーカーが紙の種類によって工場を分散させているのに対し、三島工場では古紙再生からあらゆる種類の紙の製造まで、一拠点で様々な用紙を提供しています。

フォレスタル・アンチレ社(チリ)の育苗設備
フォレスタル・アンチレ社(チリ)の育苗設備


大王製紙グループは、環境保全においても積極的な活動を展開し、業界をリードしています。
その代表的な活動が、1989年より継続してきた南米チリでの植林事業です。東京23区の面積に相当する6万haもの山林を対象に、3万haの植林を実施しています。

グループ・ネットワーク
pagetop