TKK/東京紙パルプ交易株式会社 RecruitingSite 2005 TKK/東京紙パルプ交易株式会社
Top
先輩社員紹介
新入社員座談会
ある社員の一日
社員から見たTKK
お問合せ先
新入社員座談会 2004年4月に入社したばかりのTKKフレッシュマンたちに、就職活動と新社会人生活について語ってもらいました。
就職活動は振り返ってみて、一言どうでしたか?
Hさん: うーん・・疲れました・・。
Aさん: もう「まいった」の一言。
Iさん: 厳しかったけど、様々な業界の事などを勉強できて自分のためになったと思います。
Oさん: わたしも本当に大変でした・・でも、良い経験でしたね。
相当ハードな期間だったようですね。その就職活動で感動したこと、怒ったこと、笑えたことなどのエピソードを聞かせてください。
Iさん: えーと、感動したのは、面接で自分の意見が受け入れてもらえた時。それからもちろん、内定をいただいた時も。
Oさん: わたしは他の企業の説明会で、その会社だけでなくどの会社にも言えるような話を聞けた時です。世の中を垣間見た瞬間というか。
Hさん: 知能テストのような試験で落とされた時は、正直ショックでした。
Aさん: 笑い話ですけど・・。友達が就活中、間違ってアルバイトの面接を受けていたんですよ。「週何回入れますか?」と聞かれるまで気付かなかったという話を聞いて、なごみました。
数ある会社の中で東京紙パルプ交易に決めた理由。「わたしはこれで入社を決めました!」というポイントを教えてください。
Oさん: 内定をいただいた最初の会社で、ご縁を感じたので決めました。それ以降はきっぱり就職活動をしませんでした。
Iさん: 内定後に先輩社員の方にお会いして、「就職は縁だから頑張れ!!」と励まされたんです。そういう先輩方と仕事がしたいと思って決めました。
Hさん: 僕は「紙」という身近な商品を扱っている点。仕事への関心が高まりました。
実際に入社してみて会社の雰囲気はどうですか?期待どおりですか?
Oさん: そうですね、とても厳格そうなイメージを持っていたのですが、想像していたのと大分違い和気あいあいとしています。
Aさん: そうそう。説明会の時点ではあまり社風について分からなかったのですが、思っていたイ
メージよりもずっと活気があります。
Hさん: みんな仲がいいし、先輩・上司が温かい。
学生時代との違いを感じていますか?
Oさん: はい、感じています。
個々に仕事を持っているので、1人1人の責任の重さを特に感じました。
Iさん: 学生時代と違って挨拶や時間にとても厳しいです。自由時間は少し減りましたね。
Hさん: 『えら呼吸』と『肺呼吸』くらいの違いを感じます。(※ものすごい違いということか?)
みなさんは現在、社会人としての一般常識・業務知識の研修中ですね。そのほか、まずはTKKの基本となるデリバリー作業(受注・伝票入力・発注・請求書書類整理など)を中心に担当されているようですが、仕事上、心がけていることは何ですか?
Oさん: 1日、1週間、1ヵ月を通しての仕事の流れをつかむようにしています。電話対応の時は、ゆっくり・はっきり・テンポ良く話すように心がけています。
Hさん: 慎重かつ積極的に仕事をすることですね!
Iさん: 一度教わったことはメモしておいて、次からできるようにすることを心がけています。期限や時間は必ず守る。わからないことはすぐに聞く。
Aさん: わたしもそうです。わからないことは必ず聞く!インストラクターの方に聞けば解決できることがほとんどですが、なるべくたくさんの先輩方にお伺いして、多く接する機会を持つようにしています。
前向きですね!もうすでにやりがいを感じ始めているとか…?
Iさん: そうですね、もう感じてます。自分の手で多くの商品を動かしているのを実感した時。
Hさん: そうそう、自分の手配した紙が、書籍・雑誌となって書店に並んでいるとやりがいを感じます。
Aさん: 知っている本や雑誌・マンガの名前を手配書などで発見した時、嬉しくなります!
それでは最後に、就職活動をする学生の皆さんにアドバイスをお願いします。
Oさん: できるだけ沢山の会社をまわって、それぞれの雰囲気を比べてみると良いと思います。
Iさん: 自分もそうだったけど学生の頃は、やりたい仕事がなかなかわからない人も多いと思うので、とにかく色々な企業・業界を訪問してみては。面接では元気を出して、ハキハキと!!就職は縁です。
Hさん: 周りにあおられて焦らない。マイペースにやるのが一番です。だらだらは厳禁ですが。
Aさん: あと、うまい息抜きの仕方を知っていれば、乗り越えられますよ!
編集後記 先日社会人デビューしたばかりのフレッシュな4人。仕事を覚えること、社会常識を身につけることで必死な様子でしたが、表情にはやる気と希望があふれているように感じました。若いってすばらしい(笑)。ひとり立ちし、新規事業立ち上げなどのプロジェクトに参加できるよう、これからも積極的に励んでほしいと思います。
page top
Copyright 2004-2005 Tokyo Pulp & Paper Corporation All rights reserved.オフィシャルサイト